« 2007年05月24日 | Top2008年04月30日 »

最新記事【2007年10月24日】

.

虫さされとじんましんの区別というのも中々難しいものです。

ダニ等に刺されてしまうと、全身にできる場合があるので、
すみわけが非常に難しいのですね。
ただ、アトピーと蕁麻疹については、すぐに判別ができます。
アトピーというのは、体の皮膚の弱い部分から発生する傾向があり、
基本的に腕であるならば二の腕と一の腕の付け根であったり、
それが足でも同様にいえます。


そして、首筋等もすぐに発症しやすいために、傾向があるのですが
じんましんというのは、人それぞれ発症の部分が違う事が
挙げられているのです。

人によっては、顔を中心に発生する場合がありますし、

腕全体に発生する場合であったり、お腹や胸にできてしまう場合も。
ただ、各アレルギー反応によって引き起こされる蕁麻疹においては
自分が一度発症した部分を思い返してみるといいでしょう。

一度なった箇所が次回も発症する部分である可能性が非常に高いからです。
しかし、じんましんが出来る要素は数多くあり、
今自分がどのアレルギーなのかというのも
自覚しておくのもいいのかもしれませんね。

また、一度もなったことがない人でも、
いつも食べていたものが
急にアレルギー反応が出てしまう可能性も十分に考えられます。

だからといって何でも食べるのを我慢する・・というのも
少し違うとは思いますが・・・・。


遺伝とも少し違うじんましんの傾向と対策を、
しっかりと見据えることが大事ですね。

じんましんの原因・症状を知り、治療しよう!

じんましんの症状は様々。その原因や治療法・予防法を知ろう!